ながさきのへそ (長崎見聞録)
★生まれ育った長崎を再発見しようと、いろんな角度から切りこんでみました。あんまり人にゃ見せんばってん、大事か「へそ」。長崎のへそば、ちょっこっとばっか、お見せしましょか^^ ≪長崎おもしろトピックス≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長崎の料理は甘~い!
長崎に初めて来られた方は、間違いなく戸惑う事がある。

n39.jpg

まず、醤油だ。実に甘い(糖度が2倍近いとか)。

次に、寿司のシャリ。

これまた甘い。

そして郊外に行けば行くほどに、その傾向が顕著になっていくようだ。
ネタは新鮮でも、シャリが甘すぎて、ネタによってはせっかくのバランスを崩しているモノのあるので、覚悟して欲しい。

次に、料理の味も またまた甘い。

最近の若い人は、都会に1度出たりするので、そうでもないが、お年寄りの料理人の方々の中にはとんでもない甘い味付けをする方がいらっしゃるので、これもお覚悟を。
例えば、砂糖と塩を間違えたのでは?と思ってしまうほどに甘い味付けに出会った事がある。
じつは、これには過去の歴史が関係する。

シュガーロードとして長崎街

道から全国に広がった。』


シルクロードでスパイスが黄金と取引されたように、鎖国時代の日本では、長崎の出島で高価な砂糖が取引されていた。高級嗜好品として砂糖菓子も輸入され、もてなしの心として料理にも高価な砂糖が使われる。他県の人が驚くほどに、長崎の料理が甘いのも、当時の高価な砂糖が他県よりは安く手に入ったからだろうか。
カステラやお菓子も、同じ理由で長崎から全国へと広がる。
これは、8代将軍徳川吉宗が琉球(沖縄)から、サトウキビをとりよせ栽培するようになるまで続いた。

長崎の古き想い出に浸り、どっぷりと甘い味を堪能するのも、また一興かもしれない。
だが、メタボ検診が気になるアナタには酷な街かも。
この記事に対するコメント
砂糖入りみそ汁
大瀬戸町(現:西海市)のお葬式でのこと、食事が出されたのですが、みそ汁の味が何かおかしいのです。
何が入っているのか聞いてみると、葬式の時はみそ汁に砂糖を入れるんだそうです。
高価な砂糖を使う=今日は奮発してますよ、みたいな発想でしょうか。
実際、日常的に砂糖を食すことのなかった時代では、
砂糖味のみそ汁は美味だったかもしれませんね。
【2008/12/14 12:20】 URL | あちゃちゃ #mQop/nM. [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://nagaheso.blog21.fc2.com/tb.php/34-70ece779
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。