ながさきのへそ (長崎見聞録)
★生まれ育った長崎を再発見しようと、いろんな角度から切りこんでみました。あんまり人にゃ見せんばってん、大事か「へそ」。長崎のへそば、ちょっこっとばっか、お見せしましょか^^ ≪長崎おもしろトピックス≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

諏訪神社の石段の途中に、なんと女性のアソコが!?
『それを踏むと、安産祈願に』

龍踊りで有名な「おくんち」の舞台、諏訪神社の長く続く 石段の途中に、女性のアソコを型どった模様の「女石」がある。
神社に聞くと、安産祈願なのだとか・・知らんで踏んでいった若いカップルがいた。・・デキても知らんぞお前ら。

安産石
●モデルは、修学旅行で観光中の高校生。アリガトね^^

女石があると男石もあるはずと、探すと、やはりありました。
一の鳥居と二の鳥居の間にある丸い形の石。縁結びの意味があるんだそう。
おまけに、石段を一番上まで登って、賽銭箱のところには合体石(陰陽石)があった。出来すぎ~^^;
この3セットで子宝成就なのかな。
そうそう、ここは、参道が石段という事で、神社の祭り『おくんち』の時には、この石段を踊り町の出し物や御輿が駆け下りたり、駆け上ったり。

奥の境内にある月見茶屋のぼたもちも美味しいし、石段の左手には小動物園もある。
ここに、太郎という「ツキノワグマ」がいたのを知ってる人も少なくなったかなぁ。
境内を抜けて、公園を抜けると新しくなった「長崎博物館」へと抜ける道が続いてる。散策するにもオススメな場所です。
前記の日記の「長崎甚左衛門純景」の象もこの公園に立っていて、長崎港を見下ろしている。
http://nagaheso.blog21.fc2.com/blog-entry-9.html

*1999年2月の日記を、ブログ用にリニューアル♪
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://nagaheso.blog21.fc2.com/tb.php/11-45e45663
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。