ながさきのへそ (長崎見聞録)
★生まれ育った長崎を再発見しようと、いろんな角度から切りこんでみました。あんまり人にゃ見せんばってん、大事か「へそ」。長崎のへそば、ちょっこっとばっか、お見せしましょか^^ ≪長崎おもしろトピックス≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ながさきのへそ (長崎おもしろトピックス♪)リスト
『ねじ的長崎再発見!』

最新記事を表示。・・・気ままにトピックスをアップしていきます。
No.37『mixi コミュニティをスタートしました。』 長崎の生活情報データーバンク。
No.36『ねずみ島へタイムスリップ』 島で泳ぎを習ってた。子供達の夏のパラダイス。
No.35『ツキノワグマ太郎を偲ぶ』 長崎公園の人気者だった。
No.34『長崎の料理は甘~い』 シュガーロードとして全国に広まった。
No.33『戦艦大和の双子が長崎で生まれていた』 戦艦武蔵秘話。
全ての記事を表示する。
---------------------------------------------------------------------
コチラは、古い順から並んでます(写真をクリックして下さい)。

『追憶』 沢山の想いが詰った街の欠片を拾い集めて昔を綴る。
橋も無いのに思案橋 棄てられた島−人工島「軍艦島」 紫陽花にふる梅雨は、オタキさんの涙 ニイタカヤマノボレの幻影 西坂の丘に散った殉教の徒 長崎港を開港した殿様の悲運 長崎版忠臣蔵の深堀騒動 城山小学校の桜が語る平和 戦艦『武蔵』誕生秘話 ツキノワグマ太郎を偲ぶ ねずみ島へタイムスリップ 続く。。

『風景』 見慣れた風景も角度を変えてみると、いろんな事を発見できる。
さすが長崎、英文おみくじ しっぽ曲がり猫 諏訪神社の石段の途中に、なんと女性のアソコが!? 諏訪神社の狛犬づくし 路面電車は市民の足 茂木びわの花? 中島川石橋群 続く。。

『ミステリー?』 不思議を探求。街の面白トピックスを集めます。
坂の力持ち なんと、道の真中に大木が・・・ 開かずの信号の謎。 隠れスポット「しろんこし」。 自転車通行禁止の坂があったりして・・。 「女の都」行きのバスが通る!? 今にも落ちそうな「鯖くさらかし岩」。 鉄砲ん玉の謎 平和祈念像のモデルは力道山? 続く。。

『文化』 カタチには残らないでも継承されていく街の大切な風習など。
生きた長崎弁講座 長崎の料理は甘~い♪ mixi コミュをスタート 続く。。

『探索・探訪』 いろんな歴史や物語が交錯する。それぞれをピックアップ。
隠れキリシタン教会の祈りが時を越えて聞えてくる。 森の中の音浴博物館。 300年前の職人風俗の様子を描いた「職人尽くし」。 トッポ水の由来 続く。。

『街を料理る』 街への提言も含めて、気になる部分をチェック。
ながさきのした 港にそぐわぬドラゴンプロムナード。 危険な石橋。 続く。。
写真をクリックすると記事を表示します。

BBS (掲示板としてお使い下さい) ご意見承ります。面白ネタも大募集中!
-----------------------------------------------------------
1999からスタートしたホームページ「ながさきのへそ」をリニューアルして記事再掲、それを継続して月1~2回程度(不規則)で記事をアップしてます。「長崎さるく」で多くの人が関心を向けるようになった郷土長崎。宝石箱のようにいろんな物語が詰った街の事柄を掘り下げていきたいと思ってます。いろんな情報提供もよろしくお願いいたします(筆者ねじ)。
スポンサーサイト
危ない石橋
『使う側の立場での建築であっ

て欲しい』


風景で書いた『昭和の石橋』。
そのデザインがあまりに水害前に流失した以前の石橋とかけ離れており、過去の石橋群の風情から逸脱するものだったので、市民の猛抗議があったもんだ。おまけに、その特異な姿の為にか、段差や幅が一段づつ微妙に違い、段差を踏み外し怪我をするという事件が多発し、ご覧のような手すりがつけられた。なんでこんなデザインになったのかというと、長崎大水害の中島川の大氾濫が、石橋に流失した木や物がひっかかり、堰き止めて起こったとされているからだとか。それにしても、ここまでアーチを高くする必要があったのかどうか・・・。

L1020948.jpg

L1020951.jpg

人間工学的にも、?な橋の段差。人は最初の階段の幅や高さを意識しないでもインプットして、スムーズな足運びを行う。これをデザイン優先(なのか!?)で、段ごとに高さや幅を変える事はプロの建築家としてありえない設計。百歩譲って、デザイン優先な建築家が設計したとして、それを実際に使う市民の立場でチェックできない行政の部署のあり方に疑問を感じる。

長崎の建築にまつわる疑惑 は、い

たるところにある。ホールの上を体育館にしたおかげで、演奏家が途中で演奏を止めたという話もある『市民会館』。それに替わって新しく作ったはずの『ブリックホール』も使い勝手の悪さで悪名高い。前記の『ドラゴンプロムナード』や大波止のターミナル『ビッグビット』もそうだ。とにかく使う側からは評判がすこぶる良くない。

長崎の建築界の大御所は、狐や狸が化けているのかもしれないなぁ。
港にそぐわぬドラゴンプロムナード。
『巨大なオレンジの球が出現』

長崎駅から、大波止のターミナルに歩いて5分の港の中央に巨大なオレンジの球が出現した。
ドラゴンプロムナードというネーミングからすると龍踊りの発想だろうか?

ドラゴンプロムナード全体像

設計士は、カルフォルニアのマイケル・ロトニディという人。
しかし、ここはカルフォルニアじゃないぜ。

巨大なオレンジの球を抱く建物は、下が倉庫群、階上が展望プロムナードとなっている。
その展望プロムナードは、天井はもとより片面のほとんどはテントのようなもので覆い被されクローズしている。せっかくの港の景色がちょっとしか見えない。

内部

何やらイベント会場にするつもりなのか?
それにしては、いたるところに段差があって使えないんじゃなかろうか。
実際に、ほとんど活用されてない・・。先端の展望台と称するところにいたっては、例の巨大なオレンジ色の球で景色は隠れてしまってるし、数人すら登れないような狭い部屋?

オレンジの球

なんなのこの球は?

問い合わせて聞いてみたら、・・なんと単なる飾りだそう。中は空洞で、入れないようになってるとか。
せめて、あのオレンジの球と覆いを取っ払えば、なんとか市民の集いの場所になるのだろうけれども。あの閉鎖された空間が、かえって落ち着かない場所にしている。(ここまでが2000年の記事)

『現在の問題点』

つくられたのは1998年。総工費は驚く無かれ30億。
維持費にも年間べらぼうな金額が必要なのだろう。
この記事を書いた時の杞憂は、ほとんど当たっていた。まったく活用できないだけか、老朽化による補修問題(10年で?)が浮上しているようだ。

長崎新聞社の記事を全文引用------------------------------------------
長崎のプロムナード利用低迷 使い勝手悪く打開策見えず』
龍踊りをモチーフにしたデザインで、オレンジ色の球体が目立つ「ドラゴンプロムナード
長崎県が管理する長崎市元船町の「みなとのみえるプロムナード(愛称ドラゴンプロムナード)」が、利用低迷の打開策が見つからず、老朽化した設備補修もままならない状況が続いている。指定管理者制度導入も検討するが、利用料を徴収できる活用方法がないことがやはりネックとなり、担当課は頭を抱えている。
ドラゴンプロムナードは1998年4月に供用開始。倉庫の屋上部を県民が憩い、集える展望プロムナードとして、約7億円で整備。営利目的以外の活動に無料開放している。延べ床面積は約5千平方メートルで、木製デッキ、オレンジ色の巨大な球体などが特徴。デザインは長崎くんちの「龍踊り」がモチーフという。
県港湾課によると、利用状況が低迷する原因は使い勝手の悪さ。屋根がないため、雨天時は活用できない。人通りが多い都市計画道路浦上川線からは長い階段を上っていくしかなく、昼間でも施設は閑散としている。売りのはずの展望も施設の構造で周囲が見渡せず、老朽化による危険性のため球体部分は現在は立ち入り禁止。まさに“八方ふさがり”の状況だ。
だが「老朽化したまま放置できない。しかし補修するにも費用対効果を考えないといけない」(同課)と、担当部署を超えた利活用検討会を昨年、発足。庁内でアイデアを募り、前例にとらわれない活用方法を探った。四回開いた会議では図書室やビアガーデン、ペットショップ、ストリートミュージシャンの広場など議論百出。民間ノウハウ活用による指定管理者制度導入も視野に入れるが、決定打となる妙案はまだ見つからない。同課は「都市計画道路の整備で、動線ができた。引き続き、検討を続けたい」と出口を探している。
----------------------------------------------------------------

もともと、なんでカルフォルニアの設計士なのか?
しかも、そのデザインもまったく長崎の街にそぐわない。
オレンジ色の巨大な玉と白い外壁という配色は、カルフォルニアの青い空だったら、それなりに似合うかもしれないが・・。設計を依頼する担当者が『龍踊り』のイメージでつくってくれとでも言ったのだろうか?

おまけに、デザイン優先のために、ほとんど使用できない状況。
柱だらけで、段差はいたるところにあるし、中央に屋根が無いので雨天は使えない。
こんなに使う人を無視した公共施設も珍しい。
こんな無駄遣いが出来るような裕福な県ではなかったと思うのだが・・・。

こいつは いらんものNO1だな!

*1999年3月の日記を、ブログ用にリニューアル♪後半は追記。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。