ながさきのへそ (長崎見聞録)
★生まれ育った長崎を再発見しようと、いろんな角度から切りこんでみました。あんまり人にゃ見せんばってん、大事か「へそ」。長崎のへそば、ちょっこっとばっか、お見せしましょか^^ ≪長崎おもしろトピックス≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中島川石橋群の変貌
眼鏡橋で有名な中島川』。

長崎大水害後の改築バイパス工事もやっと終わり、川沿いのプロムナードも完成しつつある。水害から、なんと25年の年月が過ぎているが、ようやく市民の憩いの場として動き始めた。

L1020955.jpg
▲両岸に川の水の量を調整するバイパスが造られた。

川べりにも降りる事が出来、橋を下から眺めながら散策できる散歩道も完備されてる。甲羅干している亀たちも気持ち良さそうだ。
相変らず、ピラニアのごとき餌を求めて群がる鯉たちの映像は自粛規制。

L1020959.jpg

全長5.8kmの長崎の中心街を流れる川として、これからも年月を重ねていくのだろうが、唯一残念なのは、1982(昭和57年)7月23日の長崎大水害の時に喪失してしま

った歴史的な中島川石橋群だろう。

実は、それまでも自然の猛威で大なり小なり流失したり復元したりを繰り返していた石橋群なのだが、この長崎大水害の時は6橋が流失し、「眼鏡橋」ほか「桃谷橋」「袋橋」が一部崩壊の大打撃だった(この3つの橋は原型に復元された)。
流失した「一覧橋」「古町橋」「編笠橋」「東新橋」は『昭和の石橋』として新に設計され架けられ(4つともまったく同じ外観)、「阿弥陀橋」「大井手橋」は車が通る鉄筋コンクリートの橋として復元。

ところが、この『昭和の石橋』のデザインがあまりにそれまでの石橋とかけ離れており、過去の石橋群の風情から逸脱するものだったので、市民の猛抗議があったもんだ。おまけに、その特異な姿の為にか、段差や幅が一段づつ微妙に違い、段差を踏み外し怪我をするという事件が多発し、ご覧のような手すりがつけられた。なんでこんなデザインになったのかというと、長崎大水害の中島川の大氾濫が、石橋に流失した木や物がひっかかり、堰き止めて起こったとされているからだとか。それにしても、ここまでアーチを高くする必要があったのかどうか・・・。
建設当時は、そのひときわ違和感を漂わせていた『昭和の石橋』も、25年の月日を経て、次第に風景に溶け込んでいってるが、昔を知ってる人には残念でならない。

L1020948.jpg
L1020951.jpg
▲『昭和の石橋

水害の教訓として、増水した時に水量を分散させるバイパスも設けられている(一番上の写真)。
*このバイパス工事も、最終的な左岸工事の是非で物議をかもしたが、結局25年前の計画通りに遂行。

1634年に日本最古の石橋である眼鏡橋が架けられてから、次々と川に交差する道路には全て石橋が架けられ、最多で17~18の橋があったという中島川石橋群
ほとんどは、キリスト教弾圧の旗印として続々と建立された寺町のお寺群への参道であったのかもしれない。江戸時代までは大川と呼ばれ、人々の生活に密着していた中島川。これからは、人々の憩いの場として時を刻む事だろう。

L1020944.jpg

L1020958.jpg

L1020964.jpg

*それぞれの橋の物語は、『橋シリーズ』で掲載する予定です。
スポンサーサイト
茂木びわの花?
『それは見事な景色が広がる』

茂木から海岸沿いに野母崎方面にドライブ中に、橘湾を望む斜面沿いに白い花が咲き乱れていた。よくみると、びわの袋だった。木になってるびわの実のひとつひとつに丁寧に袋がかぶせてある。それが一面に広がって、まるで花が咲き乱れてるような景色が、いたるところで見られる。

L1020708.jpg

そういえば、この茂木地区は日本でも一番の「びわ」の産地だ。
細い道の両脇の斜面いっぱいにびわの袋の花は、なかなか見ごたえがある。
途中にあった「びわ小屋」に寄ったら、試食させて下さるとの事。遠慮なく頂いた。思った以上に甘く美味しい。普段はなかなか高級果実なので、食べる機会が無いもんだ。

L1020714.jpg
ご馳走さまでした。

せっかくなんで、ひとパックいただいていく。なんと200円。
スーパーだとこの倍以上は、するかもねぇ。

L1020724.jpg
この実のまわりの白い産毛のようなのが、鮮度が良い証だとか。

びわの原産地はもともとは中国。
ここの「茂木びわ」は、江戸の鎖国時代の長崎で、代官所への中国からの貢物だったびわを、奉公に来てい茂木地区の女性が持ち帰って植えたのがはじまりとされている。それまでも原生びわがあったそうだが、今のような大粒なびわは、中国産だ。
ところで、こんな諺を聞いた事があると思う。

「桃栗3年柿8年」。

これに続くのが「・・・枇杷(は早くて)13年」。なかなか植えてから実が成るまで時間がかかるので、高級なんだろうなぁ。
他の果実のように、収穫して追熟しないし、冷蔵庫に入れると色が変るので、収穫するとすぐ出荷しないとならないのも、高級果実の雰囲気プンプンだ。
最近では、種無しびわの品種も出始めてるらしく、種がでっかくて食べにくいというハンディもクリアーしつつある。

L1020717.jpg
諏訪神社の狛犬づくし
諏訪神社に 『沢山の狛犬がいる』。

普通、神社の狛犬は対なのが多いので、諏訪神社のこれらは、本来の神使としての存在ではなく、参拝客寄せに集められたものかもしれない?。

止事成就狛犬
家出止め、借金止め、すべり止め、禁酒、禁煙。狛犬の足にコヨリをまきつけて願うと願い事がかなう。
止事成就狛犬

金洗いの狛犬
狛犬の井戸の水で、お金を洗えば倍に増えるそうだ。
金洗いの狛犬

願掛け狛犬
なんと、狛犬がくるりと回る仕掛けがしてある。昔、丸山遊女が、船乗りにもう一泊してもらうように狛犬を海に向けて、海が荒れるように願ったとか。
願掛け狛犬

カッパ狛犬
大漁祈願、水泳上達、水子守護、水にまつわる願い事。狛犬カッパの頭の皿に水をかけて、願い事をする。
カッパ狛犬

石造り狛犬
石を口に含み、中国の影響を受けている事がよく分かる。
石造り狛犬

トゲ抜き狛犬
こころに刺さったトゲを抜く。狛犬の口の中に手を入れて、願い事をするといいそうだ。
トゲ抜き狛犬

一対の狛犬の場合は、向かって右は口を開け、左は口を閉じている。
右は「阿形(あぎょう)」と生まれたばかりに発する言葉を意味し、左は「吽形(うんぎょう)」と口を結んで死を意味するそうな。
人々の生まれて死ぬまでを守護するといわんばかりに、威風堂々している。
左の象は角があり、左の像は角がない。
角がある左の象を「狛犬」、右を「獅子」といい、一対で「獅子狛犬」と言ったりするらしい。
それぞれ顔の表情も違うので、探して歩くのもまた楽しいかも^^

*1999年3月の日記をブログ用にリニューアル♪
諏訪神社の石段の途中に、なんと女性のアソコが!?
『それを踏むと、安産祈願に』

龍踊りで有名な「おくんち」の舞台、諏訪神社の長く続く 石段の途中に、女性のアソコを型どった模様の「女石」がある。
神社に聞くと、安産祈願なのだとか・・知らんで踏んでいった若いカップルがいた。・・デキても知らんぞお前ら。

安産石
●モデルは、修学旅行で観光中の高校生。アリガトね^^

女石があると男石もあるはずと、探すと、やはりありました。
一の鳥居と二の鳥居の間にある丸い形の石。縁結びの意味があるんだそう。
おまけに、石段を一番上まで登って、賽銭箱のところには合体石(陰陽石)があった。出来すぎ~^^;
この3セットで子宝成就なのかな。
そうそう、ここは、参道が石段という事で、神社の祭り『おくんち』の時には、この石段を踊り町の出し物や御輿が駆け下りたり、駆け上ったり。

奥の境内にある月見茶屋のぼたもちも美味しいし、石段の左手には小動物園もある。
ここに、太郎という「ツキノワグマ」がいたのを知ってる人も少なくなったかなぁ。
境内を抜けて、公園を抜けると新しくなった「長崎博物館」へと抜ける道が続いてる。散策するにもオススメな場所です。
前記の日記の「長崎甚左衛門純景」の象もこの公園に立っていて、長崎港を見下ろしている。
http://nagaheso.blog21.fc2.com/blog-entry-9.html

*1999年2月の日記を、ブログ用にリニューアル♪
しっぽ曲がり猫
長崎は猫の街』。

長崎の街並みを歩くと、猫が多い事に気がつく。

全国的にも猫の数の多さでは、トップクラス。
暖かい気候と、それにもまして坂がお好きなようだ。
ところで、長崎では尻尾の先が曲がった『尾曲がり猫』が多い事をご存知だろうか。
日本全国の8割が長崎にいるのだとか。

尾曲がり猫neko.jpg
●「尾曲がり猫」。福田氏提供。長崎大学キャンパスにて。

これはインドネシア産の証で、その血族。
たぶん、出島を通じて持ち込まれた舶来種なんだろう。
奇形や尻尾を切られたんじゃなかったんでよかった^^;
ちょいと横道に入って坂道を歩けば、沢山の猫が日向ぼっこしてる街。
猫好きには、たまらない長崎。野良猫にも外国種が多いのもまた長崎らしい。

*1999年3月の日記をブログ用にリニューアル。
さすが長崎、英文おみくじ。
『龍踊り』で有名なくんちが行なわれる諏訪神社に『英文おみくじ』なるハイカラなくじがある。
そう言えば、日本で初めての英字新聞も長崎が初だったとか。

eibun1.jpg

『大吉』は、『Very Good』だろ

うか・・・。


ちなみに、木におみくじを結ぶのは、悪い運が出たときに、神様にその悪運をお払いする意味だそうで、良い運勢がでたおみくじはもって帰って良いのだそうです。知ってた?

eibun2.jpg

*2001.1月の日記を、ブログ用にリニューアルしてます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。